中判フィルムカメラ『Mamiya RB67』で海外スナップ

ワーキングホリデーというビザを使ってオーストラリアに滞在しているフォトグラファーのハジメです。

今回は新しい試みとしてMamiya RB67という中判サイズのカメラを使ってスナップショットをとっていこうと思います。

今回は具体的な方向性と目的を考えて写真を撮っていこうと思います。

・どんなスナップを撮っていくのか

まずこちらへ来た目的としては日本ではなかなか撮るチャンスのない日本人以外の方々をカメラに収めるということ。

その中でもちろんモデルを雇って街を歩き、またはスタジオを借りて写真を撮るのもありですが、今回はもうすこし違うテイストで撮っていきたいと思い「街中スナップ」「おしゃれな人」という2つのテーマで進めていこうと思います。

やることはいたってシンプルでオーストラリアの街中を歩きおしゃれな人たちに声をかけてスナップを撮らしてもらう。

こちらへ来てはや数週間が経ちましたがおしゃれで綺麗な方々がとても多い。。ファッションも個性的で自由な感じして写真に収めたらとてもいい感じに仕上がるんじゃないかって人ばかり。

そんなことからテーマとしては『街中スナップ with おしゃれピーポー』 ということで活動をしていこうと思います。

なおこちらの写真の出来がよければ日本に帰ってからの写真展とかもできたらなと思っているのでとりあえずどんな感じになるか撮りながら考えていきます。

・なぜ中判カメラ?

さて、ここまで読んでカメラに詳しいかたでしたらスナップだったら35mmfilmの方がいいんじゃね。とかむしろデジタルの方がいいじゃって思う方々。。まさにその通りなんです。その通りなんでわざわざこのバカ重いカメラを持って街歩きしてみたいと思いました。

おそらく写真を見てくれる人にはカメラの重さとかその一枚にどれだけの思いがあったかとか関係ないと思いますがそれでもかすかに頭の中でみなさんがその写真たちから他と違う何かを感じていただけたらと考え、すこしでも自分しか撮れない写真をと考えこちらのカメラを持ち出し、写真を撮っていくことに決めました。

この企画に入る前に数枚デジタルで挑戦してみましたが正直1日中歩き回りながらモデルを探してさらにロケーションも同時に考慮していくとなるととてつもなく地味でタフな仕事だと痛感しています。

 

だからこそ僕はやる価値があると思っておりますw

後半シリアスになってしまいましたが一応僕のインスタも貼っておきますのでそちらもチェックしていただけたらと。