Kindleで写真集を作るには!?

個人的に撮影した写真をどう世間に広めていくか、多くの方々に知ってもらうか。調べれば様々なアプローチがありますが今回は話題の「Kindle」にフォーカスして考えてみました。

 

 

最初に初心者にもおすすめなサイトとしてPubooという無料の電子書籍作成プラットフォームがあります。このサービスはAmazonが運営しているわけではないんですが、Kindleのフォーマットに書き出すことができ、操作が簡単なのでオススメです。写真の他にコミックスや小説なども販売することができます。

次にKindle Comic Creatorというサービス。こちらはAmazonが提供しているサービスで漫画、写真などをKindle形式に変換して持ち出し、販売することができます。Amazonは無償でKindle Comic Creatorを配布しており、このソフトで作成した電子書籍はKindleストアで販売できます。

海外のKindleストアはPCやMacに対応している場合もありますが、日本のKindleストアは現在のところKindle端末、iOSとAndroidのタブレット、スマートフォン向けの電子書籍のみを扱っています!!

 

Kindleで販売する際、最低でも30枚〜50枚前後で1冊にするのがいいと思います。Kindleストアで販売できる電子書籍の容量は50MBが上限で、そのほかにも10MBを超える場合は1MB 1円の配信手数料を作家自身が負担する必要がありました。なので、10MBを超えないように50枚と言っていたんですが、最近この配信手数料が無料になったので、50MB以下なら何枚でもいいみたいですね。